2017-08-122017年08月12日 02:00

■おはようございますコウセイです。

 ●夏。
 学生の皆様は夏休みですね。夏と言えばメタル。たぶん。
 この時期になると思い出すのは田舎で過ごした思い出とかですよね。
 私の場合ろくな事覚えていませんけど。

 田舎、夏、メタルと言えば思い出すのが私が学生の頃の夏です。
 2つ年上の従兄弟がいまして。
 その人が親に無理やり付き合わされて里帰りしていた
 クソ暇そうな私に気を使ってくれましてね。
 「CDおごっちゃるけえ何か買いに行こうよ」って言ってくれたんです。

 ワーイ!と出かけて買ってもらったのがカーカスの「ハートワーク」
 せっかくだから一緒に聞くべ!と一緒に聞きました。ハートワークを。
 俺的には当たりでしたよもちろん。
 しかし従兄弟のリアクションは頭に?がいっぱい浮かんだ状態で
 「これは...いいの?」って。私は「超いいよ」って言うと
 「ならよかった」って。出来た人だなって思いました。ええ。

 私的にはその人の部屋にThe Stalinの旗とかが飾ってあったので
 大丈夫かなって思ったんですけどね!
 大人な対応だなぁって人生で初めて感じた出来事でしたね。
 私がもし気に入らないもんだったら「今すぐ窓から捨てろ」とか平気で言いそうですし。
 そんな夏の思い出です。

 何故突然こんなことを書いたかというと
 あ、このままだとまた1ヶ月ブログ放置になる!って思ったからです。
 そんだけです...

■それではまた次回。

2017-08-182017年08月18日 10:28

■おはようございますコウセイです。

 ●NiZ 静電容量無接点方式 75キー・レトロ Pro Edition(グレーMIXホワイ) プログラマブル  PBT キーキャップ 多機能 キーボード,英語配列 USB 接続 35g荷重

 なんだかクソ長いタイトルですがAmazonで売っている商品名をコピペしたらこうなりました。
 正式名称は NiZ Plum 75EC-S-PRO でいいと思います。
 売っている場所によって名称がバラバラでわかりにくいですね。

 ま、あれだ。また買っちまったんだよ。キーボード。
 買った理由は静電容量無接点方式のキーボードを使ってみたかった、
 キー配列が自分の理想に近い。以上です。75キーです。

 御値段は日本のAmazonで1万円ちょっと。高いですか。高くないよ!
 全然高くない!他の東プレやHHK等の静電容量無接点方式のキーボードは
 普通に倍以上の値段なんだ!そりゃ中華製のバッタモンスイッチですけど
 それでも半額くらいなんだよ。ヤスイ!....タブン。

 種類としてこれより5千円ほど高いバックライト付きのBluetooth対応の物がありますが
 どちらも私には必要ないものでしたので今回は普通の75キーを選びました。
 
 それでは中身。
 箱を開けると本当に保証してくれるかどうかイマイチアテにならない保証書と本体。
 中華製にしては梱包ちゃんとしています。保証は1年らしいです。
 
 付属品。巾着袋、キーリムーバー、Mac用コマンドキー、スタビライザー用予備ステー3個、
 10g追加用スプリング沢山、接続用micro USBケーブル。
 予備ステーはありがたいですね。
 キーキャップを取り外した時にポッキリ逝ってしまう事結構あるんですよね...
 
 マニュアルとソフトウェアはwebからDLしてきます。
 箱の裏にQRコードが付いてます。これを読み込んでDLしてこいと。
 まず言いたいのはPCにQRコードリーダーあるわけねえだろと。
 普通にURL書いとけや...
 携帯で読み込んでURLをPCに送るというよくわからない手間をかけて飛んでみると
 digitevil.comというサイトにあるDL出来る所に行きます。
 そこで自分のキーボードに対応したものを落としましょう。

 マニュアルの他にソフトウェアがありますが
 こんな感じのものでした。キーマッピング変更やバックライト設定、
 ファームウェアの更新等ができるようです。ファーム確認をすると
 75EC(S)Pro;V1.1.5;V1.0 と出ました。ちゃんと認識しているみたいですね。
 ただ今のところファームウェアファイルを探してもありません。
 バックライトも付いていませんし
 特にアップデートすることも無いと思うのでこのソフトを使うことは無さそうですね。

 後はCapsLockキーは使わないので日本語切り替えキーにしました。
 ついでにキーキャップも変えました。MX Cherry系のキーキャップに対応しているので
 この辺りありがてぇです。気分次第でキーキャップ総入れ替えなんてのも出来ますね。

 さて。使ってみてですがキー荷重35gというのはなかなかに絶妙な重さでして
 軽くもなく重くもなくで非常に快適な感じであります。
 よく静電容量無接点方式のキーボードを押した感触や音の表現として
 「スコスコ」や「コトコト」と表記されますが自分で押してみて納得。
 あーこれかぁって。確かにスコスココトコトですねw
 メンブレンのポコポコバコバコした感じとはまた違う感じですね。
 より滑らかになった感じというか。
 こればっかりは伝えるのが難しいですね。
 もう自分で触ってみて下さいとしか言えません。すまん。

 ただ他に使った方の感想を見ると
 東プレのキーボードと遜色ないと言われている方がちらほらいるので
 勝手に「なるほど東プレやHHKもこんな感じなんだな!」と思っておきます。

 私は気に入りましたよ!押し心地、使い心地、キー配置、色とほぼ理想です。
 しばらく使っていきたい!これは買いだ!買え!
 まぁそれは言いすぎかもしれませんが気になっている方は
 買ってみてもいいと思います。

 あ、本体のプラがヤスイ感じと言っている方が居ますが確かにヤスイ。
 もっとこうあるだろ!とは思ったけど値段を考えれば別にいいです。はい。

 私は昔からキーボードの白と灰色の配色に無駄に憧れていたんですよね。
 何かいかにもPCキーボード!って感じがしてさ!
 今この配色のキーボードって意外と無いのよね。今回初めて入手しましたし。
 まぁこんな形で入手するとは思ってもいませんでしが。hehehe

 ●ついでにキーボード関連のWindows用ソフトを3つ。
 英語、日本語キーボードを使う上であると便利な物を紹介したいと思います。

 ・キーボード切り替えツール2
 日本語、英語、AXキーボードを切り替えるツールです。
 キーボードをPCに挿してOSが英語キーボードと認識してくれれば良いのですが
 大抵してくれません。デフォルトで日本語キーボード設定なので。
 そうなるとレジストリをいじる事になるのですが
 私みたいに気分で付け替えている人には面倒だと思います。
 なのでこれ。簡単切り替え。バンザイ。

 ・KeySwap for XP
 キーマッピングを替えるソフト。日本語、英語キーボード対応。
 このキーは使わないので殺しておきたい!こことここのキーを入れ替えたい!
 そんなときにはコレです。超便利です。

 ・alt-ime-ahk
 Macの日本語キーボードはスペースキーの横に英数、かな切り替えキーがあるらしいです。
 私はMacを使っていないのでわかりませんけども...
 それをWindowsキーボードのAltキーで再現しようってソフトです。
 私の使い方ですが英語キーボードだと英数 かな切り替えはAlt+~キーなんですね。
 地味にダルい。なので一発切り替えにしたくて使っています。
 で、さらに左AltをCapsLockキーにkeyswapで割り当て。
 結果上記にある画像の「(´・ω・`)」キーがかな切り替えキーになっているという具合です。
 需要としてはニッチかもしれませんが刺さる人には刺さるソフトだと思います。
 使う人はスタートアップフォルダにショートカットをぶち込んでおきましょう。

 以上です。これでよりよいPCライフが待っている!はずです。

■それではまた次回。